医院紹介

院長紹介

治療を地域で完結させる 患者さん第一のホームドクター

“視覚”は外界から得られる情報の80%を占めると言われており、人生100年時代の今、生涯を通してより質の高い生活を送る上で、欠かすことのできないものです。私は、一人でも多くの方の「見える喜びを叶える手助けをしたい」という強い思いから、眼科医になりました。
そして、研究という観点から世界中の患者さんの役に立つ仕事もしたいと考え、大学院へ進学。「糖尿病網膜症におけるフラボノイドの神経保護効果」を米国で行われた国際学会で発表し、博士号を取得しました。
その後は、地域の基幹病院の医長としての経験、そして日本眼科学会認定専門医としての知識をもとに、お子さんの弱視や結膜炎から、ご高齢の方の白内障や緑内障まで、幅広い疾患の診療に携わってきました。2017年に旭川医科大学へ戻ってからは、糖尿病網膜症や加齢黄斑変性、網膜剥離といった網膜硝子体疾患を担当し、難症例の白内障も含めて、全道各地からご紹介いただく患者さんの診療にあたってきました。
そうした中で、まだまだ医療過疎が根強く残る地域医療の問題を目の当たりにし、特に道北方面はその影響を受けているように感じました。なぜなら旭川以北で硝子体手術を行っている医院は一つもなかったのです。また、士別は常勤医(かかりつけ医)すらおらず、高齢になると発症しやすい白内障に対する手術を受けるために、多くの患者さんが旭川や名寄へ通わなければならず、非常に不便を感じていらっしゃることを痛感しました。
そこで私は、士別というこの地で、【治療を地域で完結させる患者さん第一のホームドクター】という理念のもと地域医療に貢献したい、という気持ちを強く持つようになりました。大学病院で得た専門性の高い技術、大学病院と同程度の医療機器、眼科専門医としての幅広い知識と経験をもとに、皆さんに寄り添ったやさしい医療を、末永く提供していく所存です。どんなささいな症状や悩みでも、気軽にご相談にいらしてください。
しべつ眼科院長 下内 昭人

しべつ眼科院長 下内昭人

治療を地域で完結させる 患者さん第一のホームドクター

“視覚”は外界から得られる情報の80%を占めると言われており、人生100年時代の今、生涯を通してより質の高い生活を送る上で、欠かすことのできないものです。私は、一人でも多くの方の「見える喜びを叶える手助けをしたい」という強い思いから、眼科医になりました。 そして、研究という観点から世界中の患者さんの役に立つ仕事もしたいと考え、大学院へ進学。「糖尿病網膜症におけるフラボノイドの神経保護効果」を米国で行われた国際学会で発表し、博士号を取得しました。 その後は、地域の基幹病院の医長としての経験、そして日本眼科学会認定専門医としての知識をもとに、お子さんの弱視や結膜炎から、ご高齢の方の白内障や緑内障まで、幅広い疾患の診療に携わってきました。2017年に旭川医科大学へ戻ってからは、糖尿病網膜症や加齢黄斑変性、網膜剥離といった網膜硝子体疾患を担当し、難症例の白内障も含めて、全道各地からご紹介いただく患者さんの診療にあたってきました。 そうした中で、まだまだ医療過疎が根強く残る地域医療の問題を目の当たりにし、特に道北方面はその影響を受けているように感じました。なぜなら旭川以北で硝子体手術を行っている医院は一つもなかったのです。また、士別は常勤医(かかりつけ医)すらおらず、高齢になると発症しやすい白内障に対する手術を受けるために、多くの患者さんが旭川や名寄へ通わなければならず、非常に不便を感じていらっしゃることを痛感しました。 そこで私は、士別というこの地で、【治療を地域で完結させる患者さん第一のホームドクター】という理念のもと地域医療に貢献したい、という気持ちを強く持つようになりました。大学病院で得た専門性の高い技術、大学病院と同程度の医療機器、眼科専門医としての幅広い知識と経験をもとに、皆さんに寄り添ったやさしい医療を、末永く提供していく所存です。どんなささいな症状や悩みでも、気軽にご相談にいらしてください。
しべつ眼科院長 下内 昭人

経歴

2009年
旭川医科大学 医学部医学科 卒業
2010年〜
市立釧路総合病院、苫小牧王子総合病院、釧路赤十字病院で勤務
2013〜2015年
米国で行われた国際学会(The Association for Research in Vision and Ophthalmology)で筆頭発表
2016年
幹細胞を用いた再生医療、糖尿病網膜症における神経保護と慢性炎症の研究に従事し、博士号を取得
学位論文「Neuroprotective effect of water-dispersible hesperetin in retinal ischemia reperfusion injury Jpn J Ophthalmol.
2016」がJJO被引用件数の多い論文トップ10に選出
日本眼科学会学術展示優秀賞受賞
同年
留萌市立病院 眼科医長 日本眼科学会認定専門医取得
2017年〜
旭川医科大学 眼科 診療助教
糖尿病網膜症と網膜静脈閉塞症の専門外来を担当
出張医として士別市立病院や名寄市立総合病院も含めた関連病院で地域医療に携わる
2019年
Global Ocular Inflammation Workshops(GOIW 2019)で眼科医向け教育セミナーで指名講演
2020年
糖尿病網膜症の進行を予測する新たな方法を日本眼科学会総会で口演発表
権威ある国際雑誌 Investigative Ophthalmology & Visual Scienceに掲載
「A Proposed Classification of Intraretinal Microvascular Abnormalities in Diabetic Retinopathy Following Panretinal Photocoagulation. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2020」
旭川医科大学眼科同門会長賞受賞

講師歴

  • 旭川医科大学
  • 北海道立旭川高等看護学院
  • 北海道ハイテクノロジー専門学校
  • 吉田学園医療歯科専門学校
  • 富良野看護専門学校
  • など

資格

  • 旭川医科大学卒 医学博士
  • 日本眼科学会認定 眼科専門医
  • 身体障害者福祉法指定医
  • 眼科PDT研究会 光線力学療法(PDT)認定医
  • 日本ボツリヌス治療学会 ボトックス施注資格認定医

クリニック情報

診療時間 日・祝
8:30-11:30
14:00-16:00

休診日:土曜午後、日曜祝日
翌月曜が祝日の場合は、前週の土曜も休みとなります。
火・木曜の受付は11時まで

医院名

しべつ眼科

TEL
0165-22-1000
住所
〒095−0014
北海道士別市東4条3丁目1−4
交通
  • 士別駅から

    [バス] 当院まで約13分(市役所前下車)
    [車] 当院まで約5分


  • 名寄駅から

    [JR] 士別駅まで約20分(宗谷本線)
    [バス] 士別駅まで約40分
    [車] 当院まで約30分


  • 旭川駅から

    [JR] 士別駅まで約50分(宗谷本線)
    [バス] 士別駅まで約1時間40分
    [車] 士別剣淵ICから当院まで約10分

駐車場
あり

当院の感染対策

消毒・体温測定

消毒・体温測定

広い待合室と中待合室

広い待合室と中待合室

広い待合室と中待合室

車内待機用呼出ベル

車内待機用呼出ベル

待合モニターとホームページ上で 混雑状況を確認

待合モニターとホームページ上で 混雑状況を確認

個室の手術待機室

個室の手術待機室